ウェブサーバー

今の時代、ほとんどの企業が自社のホームページを持っていますよね。
2013年の総務省のアンケート調査結果によると、日本の人口の約8割近くがインターネットを利用しているそうです。
特に、13歳から50歳までの人の利用率は9割近くに昇るのだそうです。
現に、自分のまわりの人を考えても、インターネットを使ったことが無いという人は思うあたりません。うちの場合には祖父母も自宅のパソコンでインターネットをやっています。

そのような時代なのでインターネットというのは巨大なマーケットです。
ですから多くの企業がホームページを制作しているのでしょう。
ところで、みなさんは、ホームページがインターネット上に公開される仕組みというのをご存知ですか?
ふだんからいろいろなホームページを見ている人でも、案外その仕組についてはよく知らないのではないでしょうか。

ホームページをインターネット上に公開するために必要不可欠なのがウェブサーバーです。
ウェブサーバー上にホームページのデータを構築しデータを送信することで、インターネット上での公開が可能になるんです。
ウェブサーバーには、自社サーバーとレンタルサーバーの二種類があります。
自社サーバーは、自社でサーバーを購入し、自分で管理する方法です。とはいっても、最近は、自社で購入したサーバーをデータセンターという専門の管理施設に預ける事が多いようですね。
データセンターに預けることで自社サーバーをより有効に効率よく活用することができるんです。
このような方法をハウジングといい、現在ではデータセンターでのハウジングサービスが盛んです。

レンタルサーバーを利用している企業も多いですね。
レンタルサーバーの場合には、レンタルサーバーという名前の通り、サーバーを借りてホームページを運営します。
自社サーバーを自社で管理したりデータセンターに預けるよりももっと気軽にホームページの運営ができます。

話題のサイト

多くの人達に支持を受けているデータセンターなら|mediaCONNECT

プロの方も満足のいくレンタルサーバーなら|スマイルサーバ

Comments are closed.

  • カレンダー

    2014年4月
         
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • カテゴリー

    • カテゴリーなし